2つの売却について。

担保設定されていて抵当権などが付いている物件を任意売却する時には注意することがあります。
任意売却は担保設定している銀行にとってもものすごくメリットがあります。
競売にかけなくていいからです。
競売にかける場合裁判所に一定のお金を支払わなくてはなりません。
戻ってくるお金ではないのです。
名目上は債務者負担ですが、実際は銀行がその費用を負担します。
売却できればいいのですが、落札者がいなかった時は悲劇です。
それに競売は任意売却よりも価格が安くなってしまいます。
その時点での任意売却はその価格が問題になってきます、あまりに安くては銀行が首を縦には振らないでしょう。
もう一つに任意売却は、3回の競売でも落札者がなかった時です。
この場合は最終的には任意売却になるケースが多いようです。
その際の任意売却は、その物件が売れないことが分かっているので、ある程度低価格でも銀行は同意すると思います。
任意売却する場合は銀行さんの顔色一つです。

多重債務などで住宅ローンが返済できない時の最善の方法として任意売却があります。

色々な金融機関などから借り入れをしてしまい多重債務などに陥いったり、昨今の景気の悪さなどから収入が激減したり、突然のリストラなどに遭い返済が出来なくなったりという事態が頻発しています。
中でも、非常に辛いのが住宅ローンの返済が不可能になってしまい、借り入れている金融機関からの督促が続いるがそれも限界で差し押さえそして競売に掛けられると言う最悪の事態に陥って悩んでいる方も多いと思います。
住居を失うのはとても辛いですが、その上住宅ローンの残債が大きく残りその返済が後々続くのもさらに辛いことになります。
裁判所での競売に於いてはその落札などは非常に金額が安くなるのが殆どです。
それは、借金が残ると言う事になります。
でも、それ以外に方法は無いのではという方も多いかもしてませんが、実は任意売却と言う方法があるんです。
是は、住宅ローンを組んでいる金融機関との折衝を行い競売ではなく適正な価格で自分達で売却先を探しより高く物件を売ると言う方法なんです。
ただ、この方法は自分で行うのとてもハードルが高いと思います。
ですから、法律の専門家の弁護士さんや司法書士さんなどに相談し、該当する金融機関との話し合いや不動産屋さんなど売却を担当してくれる方との話し合いなど行ってもらうのが一番大事です。
なんと言っても、任意売却には色々なメリットが有るんです。
競売ではないので価格が高ければ誰に売ってもいいと言う事ですから、兄弟でも親戚でも大丈夫ですし、競売のように安く叩かれたり、裁判所への保証金の預託なども必要ないし高く売れれば、ローンの残金も少なくなりますし、その残債に付いても間に入ってくれる弁護士さんなどが金融機関と話をしてくれ、減額してくれたり支払い期間を長くしてくれたりするので安心して任す事ができるんです。