東久留米で一戸建てを

来年から消費税も上がりますし、その消費税は更に上がっていくでしょう。庶民の住宅として、これからの住宅はマンションでも土地付き一戸建てでも、買い替えがなかなか難しくなってきます。そのために、一度買ったらそこに永住するくらいの将来設計を持って買わなければなりません。
永住という点からいえば、何と言っても一戸建てが魅力です。なぜならば、住宅は入居とともに家族構成によって改装が必要になり、終の棲家となれば増改築が必要になるかもしれません。
マンションは改装は問題なく可能ですが、増改築となると困難です。その点土地を持っているのであれば、増築も二世帯住宅でも土地に余裕があれば可能となります。
さらに、借入をするにしても、たとえば二世帯で増築する時に、ローンを組むにあたっては、土地があることで親子ローンを借りて建て替えることもできるのです。
最近では、アパート併用の家を建てて、その家賃で自分の自宅の分のローンも支払うという方法もはやっていますので、土地付きの建物を選択する時は、なるべく土地の広めのもを買うことです。
更に、予算に合わせて買うならば建て売りが良いでしょう。
最近の建て売り一戸建ては、マンションとあまり違わない価格帯で購入することができるのです。
たとえば、東久留米など都心の通勤に便利な郊外都市では、マンションと比較しても家の面積はほとんど同じであるわけです。もちろん、土地付きの方は住まいの空間は同じであっても、土地の広さで価格差が出ますが、それでも、住まいの空間で価格帯が類似しているということは、後後のことを考えると得策といえるのです。
なぜ、この現象が起きているのかといいますと背景があります。地価の下落がもたらした状況があるからです。いかに土地付きの建物でも、価格帯が高すぎると途端に売れなくなるので、分譲業者は価格を極力抑えて、「売れる商品」ということを優先して価格をつけております。
そのために、手頃な物件が建て売りにもけっこうあり、土地付きの建物に購入のチャンスをもたらしております。建売は立地、広さで3000万円台のものも新築で売り出されていますので、今は夢の「土地付き建物」ではなくなっているのです。
首都圏の通勤に便利なマンションを選ぶか、それとも東久留米のように、交通には多少不便を感じるが郊外の土地付き住宅を選択するかは、家族の意見や夫婦のライフスタイルを考えた選択ではあります。